アーカイブ

カテゴリー

照明について

照明(シャンデリア)

照明とは、一般的には人工的に作り出した人口光のことであり、白熱電球や蛍光灯などの光源を使用したものが多いです。
その中でも現在の主流はLEDであり、日本名は発行ダイオードと言い、寿命がとても長く、消費電力が白熱電球の10分の1程度でいろいろな色を出すことができるなどのメリットがとても多い照明です。
通販などでは携帯用ライトなどが販売されておりますが、こちらは輝度が高く以前の豆電球のフィラメントが切れてしまうこともないのでとても使用しやすい商品です。

照明の歴史は、古くは石器時代に焚火などで、獣などの外敵から身を守ったのが始まりとされていますが、明確に「明かり」として用いられたのは、中世以降になります。
中世から19世紀の初頭までは、植物性・動物性の油をそのまま、もしくは蝋燭のように固めて用いられ、その後19世紀の中ごろからは、ガスや石油をもとにした「明かり」が使われ始め、またアーク灯といわれる電気を使った電灯が登場します。
そして19世紀後半、ついにエジソンが白熱灯を発明し、それ以降は電気を使用する「明かり」が主流となります。

そして近年は、蛍光灯から発光効率の良いHIDランプなどが使用され、現在は、発光効率や環境負荷の少ないLED照明が主流になりつつあります。

これも商業施設などでは、ずいぶん導入が進みましたが、単価が高いため、一般家庭への普及はこれから本格化していきます。

オシャレな照明
照明はインテリアとしての役割も果たすものですから、場所によってはオシャレなものが好まれる事もあります。例えばリビングなどは、皆が集まる場所となるので、できるならばオシャレなものが良いとされる場所です。

また、寝室などは寝るだけの部屋でありほとんど電気をつける事はないので、そこまでオシャレにこだわる必要がないと言えます。

このように照明は使い分けるようにすることで、購入するときの費用も抑えることができるのです。

簡単に見つかる
通信販売とは、ショップと通信手段を用いて注文を行う販売形式です。実店舗での対面販売の方法が、一般社会の中で広く行われているものの、しかし近年では、通信販売による販売形式の利用が増えてきています。
LED照明器具で、特別な型の製品を調達する必要がある場合にも、通販を利用するのが便利です。通信販売では、店頭販売に比較して豊富な在庫が取り揃えられている場合が多いです。そのため、特殊な器具でも見つかる可能性が高いです。

日本の通販の歴史は、1876年に農学者の津田仙という人が創刊した「農学雑誌」で、アメリカ産トウモロコシの種を農業関係者に販売したのが通信販売の始まりといわれています。
日本に郵便という近代郵便制度が整備されて5年後のことです。
現在では、インターネットが大きく普及して、とても身近なものになり、色々な物が買えるようになりました。多くの人が利用している通販は、これからもさらに進化し続けることになるでしょう。

通販とは、非常に便利なもので、外出をすることなく、自宅からショッピングを楽しむことができるようになっているシステムとなっています。
現在ではインターネットなどから気軽に利用することができ、専門店に負けない品揃えとなっていますので、取り扱っている商品の種類が豊富となっている特徴があります。
商品自体の価格が一般的な店舗よりも安くなっている場合も多くあり、必要なコストが少ないからこそできる価格設定となっています。

LEDについて

照明器具

LEDは第4世代のあかりとして注目されています。

メリットとして寿命が長く取り替えの手間がかからない、電気代が安く省エネかつ低発熱、様々な色の光が出せる、水銀未使用で環境に優しい、室温・気候に左右されず安定した明るさが保たれる、振動や衝撃に強く壊れにくい、紫外線を出さないため虫を寄せ付けないなどがあります。

LEDの用途として、屋内・屋外での照明器具、自動車のライト、キャンドルライトやスタンドライト、液晶モニタや電光掲示板など、様々なものに使われています。

1907年に、イギリスのラウンドが炭素ケイ素結晶に電圧を加えたときに発行することを発見したのがLED誕生への起源だといわれています。
その後1927年にソ連のローゼフが論文を発表し、世界中に知られるようになりました。

また、1961年にアメリカのホロニアックによって赤色発光ダイオードが開発されて実用化が進み、その後は黄色、橙色、青色、緑色、白色の順に開発され、製品化されてきました。
現在も多くの改良が加えられ、初期投資を抑えてさらに年間コストを減らす試みがされています。

電気代を節約したいならLED照明
毎月の電気代をできるだけ安くしたいというのなら、照明はすべてLED電球に替えてしまうといいでしょう。
非常に消費電力が少なく済むので、電気代がかなり低く抑えられます。さらにメリットとして、何年も電球を替える必要がなくなるので便利だということも見逃せません。

お年寄りはもちろんのこと、誰にとってもメリットの多い新しい電球の形です。最近では通販で手軽に購入もできるようになりましたから、電気代を抑えたい方はネットで調べてみるといいでしょう。

オススメリンク

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031